フォト

カテゴリー

  • アウトドアへの道ログ
    引きこもり系アウトドア?恐る恐る外へ出ます!
  • マクドナルド メニュー ログ
    過去のマクドナルドのプロモーションメニュー(期間限定商品等~4Th)を記録しています。 載っていないものや地方限定メニューは教えてもらうと喜びます。
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 自作プログラムログ
    Webプログラムやオフィスマクロを中心に趣味でのアプリ紹介をしています。 趣味なので期待はしないで下さい・・・
  • 頭痛・健康ログ
    昔から続く偏頭痛。 健康状態の記録を残して体調コントロール出来るようになったらいいなぁ・・・と(;・∀・)
  • 食べ呑み歩きログ
    食べログに投稿している食べ呑み歩きの記録です。 http://tabelog.com/rvwr/hary/ ダイエットも同時進行中・・・?

ガイド

他のアカウント

ブログパーツ

« ポパイ:ここは漢(オトコ)の戦場。 生肉よ、俺色に染めてやる! | トップページ | 居酒屋清龍 新橋店:安い!安さへの企業努力のしわ寄せは何処へ(´・ω・`)? »

2011.10.20

GALAXY NEXUS SC-04D

月並みですが、Android4.0 ~アイスクリームサンドイッチ(あえてカタカナで書いてみた)が乗ったスマホ第一号
「GALAXY NEXUS」について、あれこれ言ってみたいと思います。

まあ、レポートはプロの皆さんが詳しく書いてくれていますんで、個人的な想いとか希望とかが中心ですけどね。
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/062/62263/
http://komugi.net/archives/2011/10/19112821
http://komugi.net/archives/2011/10/19133801

Samsungが韓国のメーカーってだけで、あーだこーだ言う人がいますね。
好き嫌いは個人の問題ですが、Androidが求めるハードウェアのスペックをスピード感を持ってリリースすることのできる優秀なメーカーだと感じます。

だからこそGoogleもSamsungを選んでいる所が大きいのでしょう。
残念ながら日本は、そういう部分においては現在遅れをとっている感は否めません。

では、わたくし的見解を長々と書いてみましょうか。。。

さてハードウェアですが、優秀ですよね。

■CPU 1.2GHzデュアルコア、RAM 1GB
サクサク動くことでしょう。

■ROM 32GB
ココ重要です。
ユーザー領域も十分過ぎるくらいに確保できるでしょうから、アプリを安心してぶち込めますw

■NFC ○ (日本のおサイフには対応せず)
これはまあ、色々ありますね。
フェリカネットワークスさんも苦労なされているようです。
決してNEXUSで永久にお財布ケータイが使えないという訳ではないと考えます。

規格として国際基準の上位規格としてNFCが現在あるのでハードウェア的に不可能なわけではありません。
インフラ的にとか、アプリケーション的にとか、規格の差分の穴埋め的なとか・・・・

一番大変なのはセキュリティ面と電源管理部分だと感じています。
NFCは基本電波垂れ流しのようなので電池食うと思います。
セキュリティもアプリに依存する部分が多いように理解しているので、そこをどうインフラ部分で補うかとかですかね。
理解に間違いがあったらごめんなさい<(__)>

アプリ開発者には楽しみな部分も多くなるのかもしれませんが、まあ今は楽しみにしておきましょう。

■バッテリ リチウムイオン 1,750mAh
バッテリーは現在Androidの大きな弱点の一つですから重さとの兼ね合いを見た上で大きいに越したことはありません。
まあこのくらいあれば1日は平気かな?

■あとはガラケー機能
赤外線とかワンセグとかは付いてません。
まあ、当然ですかね。
個人的には不必要なのでモーマンタイ。

さてはて話題のOS Android4.0 (Ice Cream Sandwich) です。

アイスクリームサンドイッチはコードネームですね。
Macintoshで言えばLionとか、そういうやつです。

ABC・・・の順番でリリースされていて頭文字が対象のアルファベットのデザート系のもので選ばれてきているようです。
気になる人は調べてみよう。

肝心の内容ですが、かなりの変更があるようですね。

バージョン2.台は基本スマートフォン用。
バージョン3.台はタブレット用のものでした。

そしてバージョン4.台からは上記が統合された形になります。

私もタブレット、スマホ各1台を所有していますが、タブレットで採用されているものが多く4.台で見られます。
通知バー、アプリの切り替え辺りが目に見えて大きな導入ポイントでしょうかね。

この辺りは評価していいでしょう。
楽しみです。

視覚障害者などへ配慮した機能も盛り込まれてきています。
どんどん現場の意見を取り入れての発展を望みます。

さて気になる点ですが、NEXUSの写真を見てみるとホームボタン周りに物理キーがありませんね。
もっとじっと見てみるとハードウェアでさえないことに気が付きます。

ちなみにタブレット用の3.台ではモニタの縦横切替で操作感が変化しないようにソフトウェアキーが標準採用されていました。
これもバージョン統合の産物のようです。

私を含めハードウェアキーを望む方も多いように感じますので、すべての端末がソフトウェアキーのみになるとは思いませんが、微妙に感じる点ではあります。

まだまだ発展途上のOS Androidです。
問題も多いですが、自由度が高く採用される分野は広く、組み込み機器への採用も多く目に付くようになってくるでしょう。

技術的にも、ビジネス的にも目が離せない楽しみがいっぱいのOSです。

と、結局宣伝的になってしまった日本Androidの会会員からでした(´・ω・`)

« ポパイ:ここは漢(オトコ)の戦場。 生肉よ、俺色に染めてやる! | トップページ | 居酒屋清龍 新橋店:安い!安さへの企業努力のしわ寄せは何処へ(´・ω・`)? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23673/53035134

この記事へのトラックバック一覧です: GALAXY NEXUS SC-04D:

« ポパイ:ここは漢(オトコ)の戦場。 生肉よ、俺色に染めてやる! | トップページ | 居酒屋清龍 新橋店:安い!安さへの企業努力のしわ寄せは何処へ(´・ω・`)? »