フォト

カテゴリー

  • アウトドアへの道ログ
    引きこもり系アウトドア?恐る恐る外へ出ます!
  • マクドナルド メニュー ログ
    過去のマクドナルドのプロモーションメニュー(期間限定商品等~4Th)を記録しています。 載っていないものや地方限定メニューは教えてもらうと喜びます。
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 自作プログラムログ
    Webプログラムやオフィスマクロを中心に趣味でのアプリ紹介をしています。 趣味なので期待はしないで下さい・・・
  • 頭痛・健康ログ
    昔から続く偏頭痛。 健康状態の記録を残して体調コントロール出来るようになったらいいなぁ・・・と(;・∀・)
  • 食べ呑み歩きログ
    食べログに投稿している食べ呑み歩きの記録です。 http://tabelog.com/rvwr/hary/ ダイエットも同時進行中・・・?

ブログパーツ


ガイド

« 龍龍:ニュー新橋ビル地下飲食街を制覇せよ!Σ(゚Д゚)ソウナノー? (懲りない男) | トップページ | アキバの酒場:2015年末年始ご挨拶参り再訪の旅⑤ »

2015.01.09

香港麺 新記 虎ノ門店:極細香港麺と選べるご飯物が秀逸!オジサンでも食がススムぜっ( ・д・)/好味

この街に来るにあたって、小学校の同級生から友人からのランチ情報(σ・∀・)σゲッツ
中でも近くにあったこちらのお店にまずは伺いました♪

しかし、この辺り結構来てたんですが気が付きませんでしたね。
来てみたら超行列Σ(゚Д゚)! 当日諦めて翌日再戦したくらい人気のお店の様子。

外で待ってる間にメニューを吟味します。
初心者はランチセットが吉だろうと判断して更に確認。

A~Eセットまで、あんまり差がないように見えますが・・・

おー!なるほど。 違いは付いてくるご飯メニューが違うことだけらしい。
Aがスペアリブ飯、Bが牛バラ飯、Cがチャーシュー飯、Dが蒸し鶏ごはん、Eがチャーハンです。

更にワンタンつみれ麺が、汁ありか汁なしを選択できます。
更に更に、麺のタイプが香港麺か日本麺から選べます。

香港麺は極細麺で、日本面は細麺の玉子麺らしい。
なかなか初心者には難しいですね。
20141226_122944 20141226_121324

迷った挙句、Bの牛バラ飯付きセットを注文。
汁ありのワンタンつみれ麺で極細の香港麺を選択しました。

まず届いたのはメインの麺。(ダジャレじゃないよw)
個人的に馴染みのないくらいアッサリとした風貌。

がんも?口に含むと香りがアクセントになってる感じが不思議。
ワンタンは超フワフワ(*´ω`*)モキュ コレが大陸の実力かと再認識。
つみれは上品な仕上がりで全体の調和を醸し出しています。
そしてお野菜、チンゲンサイが紅一点的に引き締め役になっています。

スープは想像をはるかに超えたアッサリ具合。
日本のラーメンなどとは完全に別物であることを認識させられます。

そして問題の香港麺の名乗る超極細麺。
日本で言えばそうめんとか位の細さではないでしょうか?
しかしコシが強く弾力でビヨンビヨン張りがあります。
非常に食が進む絶妙な逸品です。
20141226_121755

セットとして差の出るご飯物ですが、他のセットのご飯物どれも魅力的なラインナップ。
確かにこれだけでもセット前種類制覇したくなる思いです。

肉と飯、ああ美味い♡
なんかスミマセン。 いや、麺も美味しいんだけどねw
20141226_122204

そして最後に、この一品をつけてくれる気持ちが嬉しいね♪
杏仁豆腐で〆です。

ちなみに、この杏仁ほぼ甘みはありません。
シンプル! 本来こういうもんなんでしょうか?

あ、嫌だというわけでなくてコレはコレで口の中をクリアにしてくれる感がたまらなく美味しくランチを終えることが出来ました。
20141226_122740

並ぶのは正直あまり好きではありませんが、また来てみたいと思わせるのはさすがです。
お店の中は海外の言葉が飛び交い正に戦場!
そんな空気感も含めて気兼ねなく楽しめるお店でした。

そういえばチャーハンのEセット食べてる人多かったな。
次はコイツで行くとしましょう(ΦωΦ)フフフ…



香港麺 新記 虎ノ門店

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:中華料理 | 虎ノ門駅内幸町駅霞ケ関駅


« 龍龍:ニュー新橋ビル地下飲食街を制覇せよ!Σ(゚Д゚)ソウナノー? (懲りない男) | トップページ | アキバの酒場:2015年末年始ご挨拶参り再訪の旅⑤ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 龍龍:ニュー新橋ビル地下飲食街を制覇せよ!Σ(゚Д゚)ソウナノー? (懲りない男) | トップページ | アキバの酒場:2015年末年始ご挨拶参り再訪の旅⑤ »